給湯・暖房・照明の省エネな電化機器をご紹介します。

  1. トップページ >
  2. くらしのために電気ができること >
  3. 省エネのために電気ができること

省エネのために電気ができること

省エネなくらしのカギを握る技術「ヒートポンプ」

ヒートポンプは、実は私たちのくらしに身近なエコ技術。エアコン、エコキュート、床暖房、冷蔵庫、洗濯機の乾燥機能など、すでにさまざまな機器に使われています。

家庭におけるエネルギー消費の実態

「給湯」「暖房」「照明」の省エネ化がポイント

家庭におけるエネルギー消費のうち、給湯・暖房・照明は多くのウエイトを占めています。家庭の省エネ化には、これらのエネルギーを減らすことが大きなポイントとなります。

家庭におけるエネルギー消費の実態

空気の熱を利用するヒートポンプ機器、エコキュートなら、消費電力が約3分の1

エコキュートは、空気の熱を利用することで、電気だけの場合と比べて約3倍のパワーでお湯を沸かすことができます。それはつまり、消費電力が約3分の1 ということ。また、冷媒には、オゾン層を破壊するフロンではなくCO2を採用しています。 (注)メーカーカタログ値をもとに電気温水器と比較。
(注)気温・水温・沸き上げ温度などによって変動することがあります。

エコキュートのしくみ エコキュートに関する詳細な情報はこちら
ページのトップへ戻る

進化するエアコンの省エネ性能。暖房にもおすすめです。

エアコンの省エネ性能は、大幅に進化。
消費電力が少なく、冷房はもちろん暖房がとってもお得にできるようになりました。人感センサーや空気清浄・加湿・除湿などの機能がついた機種も販売されており、よりお部屋を快適にします。導入費用もお得で、経済性重視の方に、おススメです。また、寒冷地向けの暖房に不向きとされていましたが、最近では暖房能力が強化され、外気温が-20℃から-25℃まで対応する寒冷地向けエアコンが各社から登場しています。寒い地域の冬でもパワフルにお部屋を暖めます。

エアコンの省エネ性能の推移

ヒートポンプ式温水床暖房は画期的な省エネ性能と快適な暖かさを実現

ヒートポンプ技術を利用した温水床暖房は、空気の熱を利用して暖房用に循環する温水を温めます。 消費電力はヒーター式床暖房の約2分の1~3分の1。画期的な省エネ性を実現しました。 また、床暖房の良さは何といっても快適性。室内の空気を巻き上げず、輻射熱でやわらかくお部屋を暖め、快適なリビング空間を実現します。

ヒートポンプ式床暖房に関する詳細な情報はこちら※エアコンや床暖房以外にも、ヒートポンプを利用した電気暖房があります。どちらの機器も暖房時間の長い寒冷地に特におすすめです。

省エネで長寿命、家族のくつろぎの時間をやさしく照らすLED照明

照明もまた、家庭におけるエネルギー消費の中で大きなウエイトを占めている器具の一つです。 白熱電球を使用されているご家庭は、「LED照明」や「電球型蛍光ランプ」に交換することで消費電力を抑えられます。また、長寿命なので取り替える手間も少なくなります。 LED照明には、多彩な調色・調光機能を持った商品があり、シーンに合わせて光の演出ができます。LED照明の省エネ性や機能性は今も進化しています。

住宅用照明の省エネ比較
ページのトップへ戻る

くらしの新技術による省エネ

住まい全体のエネルギー利用を管理する「司令塔」として注目を集めているHEMS。エコキュートや太陽光発電システム、家電製品などをネットワークでつなぎ、家庭内のエネルギーの使い方をITで管理し、最適なエネルギーの使い方をサポートするシステムです。
くらしのなかで、どれだけのエネルギーが何に使われているのかを数値で表示して省エネ意識を喚起したり、設定した目標の使用電力量を超過すると自動的に家電のスイッチを切るなどの機能があります。

ページのトップへ戻る